整体学校など専門学校で学ぶ|知識とテクニックノウハウ医院

Health care

リハビリをサポート

理学療法士の仕事内容

Take care

理学療法士は病気や事故により体が不自由になった人や高齢により身体機能が低下した人が医師の指導の下リハビリを行う際に援助する仕事です。体の構造や機構・機能について深い知識を必要としますし、その人に合うリハビリ内容を考えていく必要もあります。特にリハビリ中に体の不自由な人を支えることが必要なので体力を最も必要としますし、リハビリは長い期間かかるため根気も必要となります。なので何より人の役にたちたいという強い意志がないとこの仕事は務まらないとされています。理学療法士になるには国家試験に合格する必要があり、そのためには大学や専門学校などで単位を取得し卒業する必要があります。特に専門学校に通って理学療法士を目指す人が多いです。

専門学校か大学か

理学療法士を目指すために学校に通いますが専門学校がよいのか大学がよいのか迷うところです。どちらも資格取得を目指すという点では問題ありませんが、大学であれば職員や設備が充実しており、専門科目以外にも幅広い分野を学ぶ機会が多いです。リハビリ以外の知識を身に付けていると実務の時だけでなく就職時などにも有利に働きます。また大学では4年制ですが専門学校は3年制のところが多いため授業が短期間に詰め込む形があるので学生にとっては少し勉強が大変と感じる人も少なくありません。そのため留年する人も少なくありません。なので深く学びたいという方には大学で学ぶことがお勧めと言えます。早く社会に出て人の役に立ちたい、お金を稼ぎたいという方には専門学校がお勧めです。

Copyright © 2015 整体学校など専門学校で学ぶ|知識とテクニックノウハウ医院 All Rights Reserved.